リンクビューの機能

リンクビューの表示

リンクビューには、

が表示されます。アウトラインビュー上の階層が違うノード間のリンクは水色のアイコンで表示されます。

それぞれのアイコンは右下の図のようになっています。

アイコンをダブルクリックすることでリンク先(元)のノードにジャンプできます。リンクビューの右クリックメニューからジャンプ元のノードに戻ることも可能です。

ファイルへのリンクの場合は拡張子に関連づけられたアプリケーションでそのファイルを開きます。URLの場合は、Webブラウザーでリンク先のページを開きます。

ラベルのインライン編集

リンクのラベルはインラインで編集できます。

ファイルのドラッグ&ドロップ機能

リンクビューにファイルをドラッグ&ドロップ可能です。

エクスプローラからファイルを
ドラッグ&ドロップすると...
ファイル名をリンク名とするリンクができます。
エクスプローラからフォルダを
ドラッグ&ドロップすると...
フォルダ名をリンク名とするリンクができます。

iEditファイルをドラッグ&ドロップするとファイルを開くかリンクとして登録するかをダイアログで選択することになります。

ファイルのドラッグ&ドロップ

ファイルへのリンクの作成

ドラッグ&ドロップでななく、リンクビューで右クリックしてコンテキストメニューから「他のファイル/URLへのリンク」を選択してもファイルのリンクを追加できます。

ドラッグ&ドロップでファイルリンクを作成した場合は、ファイルのフルパスが設定されます。リンクプロパティ設定ダイアログでリンク元のiEditファイルからの相対パスを指定することもできます。

リンクプロパティ設定ダイアログの詳細

URLオブジェクトのドラッグ&ドロップ

Webブラウザーのお気に入り(ブックマーク)、アドレスバーのURLアドレス、Webページ上のリンクをドラッグしてリンクビューにドロップするとURLリンクができます。リンク名は「URLリンク」にしています。
IEやFirefoxの「お気に入り/ブックマーク」からリンクを
ドラッグ&ドロップすると...
URLリンクができます。(※)

※インターネットショートカット呼ばれる拡張子「.url」のファイルを認識してURLリンクを作ります。

Webのブックマーク集に使えます

 リンクビューにURLの情報を分野別に階層化して整理すると便利です。